ワクチンを考える

日本では赤ちゃんが生まれると予防接種を受けるように、厚生労働省が推奨しています。
実際に子供を持つと実感しますが、受けるべき予防接種の種類は想像以上に多く、接種期間も指定があります。
複数回に分けて接種が必要だったり、最後の一回がちょっと離れた期間になっていたりと、煩雑になっていて管理するのも大変。
また、接種期間が重なっているものもあり、同時接種は可能なのか、赤ちゃんの体に負担にならないかなど、心配は尽きません。
接種するワクチンは、元々その病気の元になる菌を使って開発されたもののため、心配になる人もいるかと思います。
ワクチンを接種すること自体に疑問を持っている人も多く、そうした書籍もたくさん出ていますよね。
感染症は一度かかると免疫ができて、二度かかることはないという根拠から予防接種は行います。
要は体内にその感染症に対する免疫があればいい、という事なのです。
しかし、その効果が実感できなかったり、副作用によって苦しむことで、そもそも予防接種は「悪である」と思ってしまう人もいるのです。
これは赤ちゃんに限ったことではなくて、大人になっても推奨される予防接種がいくつもありますよね。
残念ながら、私たちの世界に絶対はありません。
人間の体についても、「これは絶対に大丈夫」とか、「間違いなく効く」という医療行為はないのです。
赤ちゃんは自分の意志で決めることができません。
パパやママは、全ての効果や反応を考慮したうえで、受診を決めることが大切です。

沢山ある予防接種

赤ちゃんや子供、大人になっても予防接種が大切であることはよく言われていることです。 何が重要なのか、その判断の根拠は何かという事を考えるタイミングは、実はそう多くはありません。 予防接種を受けていなかったために、その後悔に気づくというケースもあります。

アンチワクチン

ワクチンを否定することで、どんな生活が待っているでしょうか。 普段の生活にもちょっとした変化があると思います。 また、アンチワクチンを提唱することで、周りの人にはどんな影響があるでしょうか。 感染症にかかった時や、毎日の生活を想像してみましょう。

見えないものと戦う

ワクチン接種の効果は、はっきりとわかるものではありません。 体の中で起こっていることは可視できませんし、専門家でなければ分からないことが多い分野ですから、先手を打つことで安心を手に入れられるわけです。 自分だけでなく、子供たちや周りの人のためにも、必要な手段なのではないでしょうか。

おすすめリンク

新宿で人気の内科

各方面からアクセス良好な、新宿エリアの有名内科について、人気の秘密を調べてみました