沢山ある予防接種

予防の現状は

感染病に対しての予防接種で一番有名なものとして、インフルエンザが挙げられます。
大人も子供も、秋口から接種が始まって、流行しないように、自分自身がかからないような対策の一つとして、当たり前の選択肢になっています。
しかし、ワクチンが足りないなどで十分な対応ができず、困惑した経験のある人もいるのではないでしょうか。
自分が接種を望んでも、医療機関側の体制が整っていなければ、しっかりとした予防にならないのです。
また、せっかく予防接種を受けたのに、インフルエンザにかかってしまい、予防接種の意味を疑問に思った方もいるかと思います。
それでも、インフルエンザをはじめ、予防接種は受けている人が多いのには、ワクチンがまだなかった時代に比べて、感染症で命を落とす人が減っているという事実があるからです。

どうしてアンチになるのか

前述のように、予防接種が機能していないと感じる人や、副作用によって深刻な事態に落ちいった例があることを心配し、ワクチンの必要性や重要性に疑問を持っている人は、だんだんとワクチンを嫌悪するようになります。
ただワクチン接種に意味がないと考える人、というよりは、重病になってしまったり死に至ったりした例を強烈に認識した人がなりやすいでしょう。
確かに、副作用の被害があることは事実です。
実際に予防接種の案内には副作用についても記載があります。
完治する病気ではなく、一生付き合わなければならないものだったりするのです。
心配になって、予防接種が怖くなる心理は理解できます。
特に子供を持つ親にとって、この選択はかなり悩ましいものです。